2012年12月08日

これに懲りたら大人しく運転しろ

130 名前:774RR[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 20:27:06 ID:k9BuQVfg
すまん文章分かりやすかったな。

似た話で早朝5時ごろ、うちの前の国道で乗用車とタクシーのトラブルがあり乗用車の
兄ちゃんが大声で騒いでいた。
タクシーの運転手は50くらいの大人しい中年で、言われるがままになっている。
話の内容から、乗用車の進路を妨害したとしないとか。
あんまりうるさいから、レコーダーのスィッチを入れて出て行った。
「うるさいぞコラ!何時だと思ってるんだ!」と俺。
「なんじゃぁこのガキャァ?!!!関係ないだろこれぁ!」
「ここじゃうるさいから橋の向こうでやれよ兄ちゃんよ」
「糞ガキ、てめえの家はここだな、せいぜい火事にきをつけるんだなぁwwwww!
こら!さえねータクシーおやじ!これに懲りたら大人しく運転しろ」
と実際にはもっと腹立たしいやり取りがあり、酒臭い兄ちゃんは去った。
タクシーの運転手の住所を聞き、今あったことの証言をする約束をとり、
さーその日のうちに陸運局に出向きナンバーから所有する会社を特定。
板橋のその営業所に乗り込んだ。
そこの所長を呼び出し応接室へ。
こうこうこういう事が早朝の住宅街であり、大変迷惑したこと。
お宅の営業が酒帯でタクシーに言いがかりをつけ車内につばを吐いていたこと。
安眠を妨害され、注意に出た私に暴言を吐き侮辱し、あろうことか放火予告を
して走り去ったことを、レコーダーを再生しながら説明した。
名誉毀損をはじめ法的に処置する準備をすることと、これから警察に行くことを告げ
本社宛に内容証明を送ることを言うと、所長は真っ青になり○○に直ぐ連絡を取れ!と。

そこから長くなるから割礼するが、まーこのくらいやらなければね。
posted by ニート at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウオオオオオオオオオオ!!!!!!!!

329 :可愛い奥様:2010/12/31(金) 11:47:48 ID:M3GY7RdS0
今年の夏、家族で高原にキャンプに行った。
野菜を軽く洗っていたら、なんとそこに熊出没。頭が真っ白になった。
幸い?そこにいるのは私のみ。距離3メートル。
熊は近づくかどうか、迷っている様子。
子供や旦那は、少し離れたところにいる。家族がいるのと
反対方向に向かって追い返せ、行け、自分!と脳のどっかで指令が。

私は熊を睨みつけ、両手両足を広げて立ち上がり(大きく見せるため)
「ウオオオオオオオオオオ!!!!!!!!」と吠えた。
弱気そうな熊はビクっとして、後退し、そそくさと去っていった。
腰が抜けた。すぐ携帯で警察に「熊が出ました」と電話。
熊と遭遇した、というのは人に話せるが、吠えて追い払ったというのは
誰にも言えない
posted by ニート at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供孕んだのはあんたの勝手でしょ!

79 おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/12/17(金) 15:18:07 ID:yUAsNUJU
会社帰りの電車にて、優先席にお爺さんお婆さん妊婦さんが座っていた。
途中の駅で太めのおばさんが乗ってきて、妊婦さんに
「ここは年寄りのための席なんだから座るんじゃないよ!さあ立って!」と
絡み出した。

妊婦さんは「すみません、つわりで気分が悪いので・・」と軽く断っていただんが、
おばさんは振り上げた拳を引っ込めにくいのか「子供孕んだのはあんたの勝手でしょ!」と
キチガイじみた絡み方をはじめた。

そしたら大人しく座ってたお爺さん(見た感じ80才以上)が、おばさんに対して
「だまれ馬鹿者!ここは優先席であって年寄りの席ではない!」
「貴様のようなもんより身重の母親が優先されるにきまっとるだろ!」
「大体なんだ!醜く超え太りおって、三途の川の渡し舟が沈まんように
少しは痩せろ!身体を動かせ!楽をしようとするな!みっともない!」
とデカイ声で一括した。

迫力に押されたのでか、おばさんはちゃんと妊婦さんに謝って、
お爺さんにも「すみませんでした」と侘びていた。
お爺さんも「分かればいいよ、私も言い過ぎた」とさっぱりと許していた。

なんか、スゲーカッコよかった。
一連のやりとりを優先席に座ったまま眺めてた自分が恥ずかしくなった。
posted by ニート at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく見ると可愛いな!おれのタイプだわ!

981 おさかなくわえた名無しさん[sage]2011/04/06(水) 11:32:08.16 ID:I7mIB1Ej
自分は中学生の頃全身アトピーだった。
特に酷かったのが顔と手。
加えて暗い性格で友達も少なく、休み時間は一人で本を読んでいるような子だったので
当然というかなんというか、「汚い」「うつる」と仲間はずれにされたり嫌がらせのようなこともされていた。

がある日突然、クラスメイトの一人の男子がみんなの前で
「○○(私)ってよく見ると可愛いな!おれのタイプだわ!お前らもそう思うだろ」と言い、
それからも何かとちょっかいを出してくるようになった。
何かの罰ゲームか、新手の冗談か嫌がらせと思って相手にしなかったけど
その男子は不良グループの中心で友達も多く、またかっこいいと女子に人気でもあったので
それから私に表立って嫌がらせする人は誰もいなくなった。

今考えるとかばってくれてたんだね。
卒業してから一度も会ってないし、当時はお礼も言えなかったけど本当にありがとう。

ちなみにアトピーは大学卒業して1年後くらいに突然完治した。
それからはそれなりに美人扱いされるようになったので(自分で言うなって感じだけど)、
その子は見る目があったのかなあwなんて思ってる。
勇気ある男子の武勇伝でした。
posted by ニート at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レジで精算後に小銭を派手にぶちまけたオバサン

478 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 02:01:39.62 ID:78WmHJxN
近所のホームセンターにて。
レジで精算後に小銭を派手にぶちまけたオバサン。

「あああぁ?!もうっ!めんどくさいから拾ったら募金しといて!」
posted by ニート at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。