2012年12月10日

テメェいい加減鬱陶しいんだよ

41 おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/09/27(月) 21:53:38 ID:oe3A26gG
高三生で最近なんとか大学決まった俺ですが、感謝したいやつがいるんだけどそいつの話。

高一の頃の俺は本当にただのキモい二次オタで、もちろん友達は同じ趣味の数人しかおらず、絵に書いたようないじめられっこだった。

で、そのうちDQNグループに本格的にいじめられだして、椅子が無くなるとかの古典的なやり方もされたり、そのうち学校に行きたくなくなった。
今考えたら本当に馬鹿な話だけど、ちょっと自殺だって考えてた。

でもある日、俺が机で座ってたらDQNグループに囲まれていつもみたくちゃかされてたら

後ろから「おい〇〇(DQNグループのリーダー的なやつ)!テメェいい加減鬱陶しいんだよ!!次にそいつに余計な事してたらマジで殺すぞ!!」ってドスの効いた声が聞こえてきて。

それがN君っていう柔道部で全国三位の実力の持ち主で、普段は大人しくて誰にでも優しいタイプだったからクラス中がぎょっとした。

俺も助けてくれたという以前に驚いてしまって、つーかN君の初めて見るキレた顔がめっちゃ怖くて、感謝の言葉は言えなかったんだけど
そのうちN君が話しかけてくるようになった。

42 おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/09/27(月) 21:54:59 ID:oe3A26gG
話を聞くとN君も実は結構なオタだったらしくて、しかもかなり濃い。さらにロリコンで梨花ちゃまが脳内嫁だったりと、軽く引くくらいに。

最初の方はまだ怖くて、会話もしどろもどろだったけど
一週間くらいで本当に仲良くなった。

その頃にはいじめも完全に無くなってた。
それにN君のおかげで友達いなくて親以外との会話が怖かったけど
2年になった頃には俺も一般人レベルの会話力も戻ってた

今でも覚えてるのが、自分の事をインデックスみたいに「不良殺し(ドキュンブレイカー)!」「そのDQNをぶち殺す」「でもレベル0wwww」とか言ってたのは痛いと思ったけど本当に感謝してる。
俺にとっちゃあんたはレベル5だったよ。

それで今年、N君はスポーツ推薦で大学が決まり
俺も指定校推薦って形で一緒の大学にいけた。
もしあの時N君が助けてくれなかったら、今頃本当にどうなってたかわからない。
まだまだ感謝したりないし、費用俺持ちで泊まりでコミケ行くという夢も実現出来てないので
これからあの時の恩返しをしていこうと思います。
posted by ニート at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。