2012年12月10日

なんで俺一人だけ我慢しなけりゃならないんだろう

24 おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/09/27(月) 19:16:16 ID:D6xU6J4

つり革に捕まって満員電車に乗ってるとき
運転士がヘタだと加減速がラフでその都度車内では慣性に押された人並みがドッと動くことがある
そのとき各自が自分で自分の体を支えればいいのに、他人の体に自分の身をあずける奴が最近は多い
加速する瞬間はある程度読めるけど減速開始の瞬間はなかなか読めない
駅到着間際でガックンブレーキを食らうと車両後部側から人の加重がドッとかかる
ここで俺も反対隣の人に寄りかかったら失礼だからと俺は腕一本でつり革にしがみつくように努力している

ある日の朝
この日も普通に電車に乗っていたら過去最大級の急ブレーキに見舞われた
俺の右腕にかかる荷重も前人未到の領域だった
正直言って停車するまで我慢しようと思えばできないこともなかったんだがその時の俺は、
(なんで俺一人だけ我慢しなけりゃならないんだろう、アホくさ)
と思いつり革を右手で掴んだまま、上体をヒョイっとかわして窓ガラスの方へ避難させたのだ

そしたら俺の背中側で慣性の法則で人がフッ飛ぶわ転げ落ちるわww
正確に数えたわけじゃないけど30?40人ぐらいは転んだと思われる
ちょうど乗り換えの駅に停車して車両のドアが開いたので俺はさっさと降りたのだが、
その時点でまだうずくまって起き上がれない人が多数いたから乗る人が見たらちょっとした地獄絵図に映ったかも

自分の身は自分で守るのが満員電車のルールだろ
それを守れない奴にはちょうどいいおしおきだったろうw
posted by ニート at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306258042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。