2008年10月01日

私ら怒らせるとそういうこともありかも

149 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/01/27(火) 10:18 ID:jN6gfz5P
ごく普通のリーマンです。始発駅に会社があるので、帰りはいつも座って帰れます。始発駅の次駅に女子校があって、そこからいつも混み合います。
電車の座席はボックスタイプが多いのですが、始発駅から乗ってくる客のため、ボックスひとつが完全に空くことはありません。
いつも同じ車輌に乗ってくる女子校の集団(4〜5人)はそれがお気に召さないらしい。聞こえよがしに「一人なんだから、詰めて座ればいいのにね」「そしたら、私ら一つの席(ボックス)に座れるのに」
そんなこと言われても、こちらだって見ず知らずの客と詰めて座りたくはありません。それに一つのボックスに収まりたいのなら、始発駅に戻ってそこから座ればいいだけの話(まあ、キセルになってしまいますが、やってる生徒たちもいます)
で、ある日、その集団虫の居所が悪いのか、いつも以上にハイテンション。
「ったく、むかつくよねー、こっちが一つ席に座りたいのに、譲る気配りもないんだから」「ねー、だからモテないんだよねー」
確かにモテないが余計なお世話というものです。声は続きます。
「ねー、あんなデブ男いなくなったらせいせいすると思わない?」「思うー」
明らかに私のことです。
「駅に立ってるところでさー、後ろから押されたりしてねー」「ほんと、私ら怒らせるとそういうこともありかもー」
辛抱たまらず、持っていた携帯カメラでその集団を撮らせていただきました。
むろん、こっそりとです。そして、それをパソに移して、その集団が通っている学校へ、かれらの発言とともに送らせていただきました。

後日、その集団が駅で並んでいると、必ず駅員がかれらのまわりに立つようになりました。
「何よー、私らが何したっていうのよー」と文句垂れられていますが、駅員はかれらが移動する先にもついてまわってます。
どうも、私以外からもチクリがあったようです。直接何をしたわけでもありません
がいまは、快適な通勤ライフを送っております。
posted by ニート at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | テキスト>スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は集団だと気が大きくなる人がとても嫌いです。
Posted by at 2009年04月13日 10:10
いいことをした
Posted by at 2009年06月16日 11:12
キモいわ
Posted by   at 2009年09月26日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。