2008年07月30日

ミルクセーキ最高だろ

100 名前: 恵普(東京都)[] 投稿日:2008/07/30(水) 19:33:27.27 ID:s1HrAqTA0
>>81
ミルクセーキ最高だろ。特に250ロング缶のやつ。
あれは、国民食にすべき。学校給食で牛乳の代わりに
配膳すべきだ。


104 名前: 克莱斯勒(中国地方)[] 投稿日:2008/07/30(水) 19:34:06.32 ID:i5qR1w970
>>100
ミルクセーキってゲロの味するよね


109 名前: 恵普(東京都)[] 投稿日:2008/07/30(水) 19:35:10.93 ID:s1HrAqTA0
>>104
お前のゲロを直飲みしてえ
posted by ニート at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | テキスト>糞レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またお前は騙されたわけだが

862 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/30(月) 12:01:23 ID:ggKI81AI
街で知らない人に、サインをねだる。
男なら「歌舞伎の○○さんですよね?サインください」
女なら「作家の○○さんですよね?サインください」と。
当然「違います」って言われるので、いかに似てるのか説明する。
こうすると本当に自分が似てるのか気になるので、
「ファンサイト作って画像ありますんでよかったら覗いてください」と
HPアドレス入りの紙を渡す。
そのHPには「またお前は騙されたわけだが」とTOPページに書いて
BBSも設置しておく。
一言書いてくれる人がいて楽しいw
posted by ニート at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>迷惑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何すんだ!

151 名前:華蝶(福岡県)> 投稿日: 2008/07/28(月) 20:58:14.68 ID:ECgSZ9+T0
アナルに突っ込んだら「アヌスんだよ!」って言われそうだな
posted by ニート at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>糞レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当時好きだった彼女との再会

763 :水先案名無い人 :2006/09/14(木) 11:21:09 ID:C5v3hVFH0
朝保育園に行ったら、メチャ可愛いお母さんと玄関で一緒になったのね。
保育園は顔知らなくても挨拶するのが礼儀だから
「おはようございます、寒いですね」って言ったのよ。
そしたら「○○くん?○○クンでしょ!(←俺の名前)なつかしー覚えてる?」
厨房ん時の同級生だったんだわ。しかも当時家近くて多分お互い好きで、
手とかつないで帰ったりした子。実家は田舎で、ここは数百キロ離れた街だし
ものすごい偶然にロマンスを感じた。
俺「可愛い子だね。女の子?」
彼女「ありがと。うん、女の子。」
(間)
彼女「今帰り?」
俺「ん…まあ。今来たとこ?」
彼女「…うん」

(長い間)

俺が「結婚…してたんだ」って切なげに言うと、雰囲気を察した彼女も
うつむいて「○○クンも…(間)」
朝からドキドキ。
彼女「友だちいなそうだったからよく遊んだげたけど、ちゃんと結婚できたんだね!」


まあ想像通りのセリフだったけどな。
半ヒキオタ独身、
この園で皿洗いのバイトをしてることは伏せておいた。
posted by ニート at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト>悲惨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の子供を助けるために

5:卵の名無しさん :2006/09/28(木) 18:24:57 ID:zvTCtWEh0
学生の頃、胆道閉鎖症のコドモの担当になった。
プロレス好きの小学5年生のコドモだった。

担当といっても、10年以上前の平和な頃の医学生だから、ただ一緒に将棋を
やったり体調のいい時(あまり黄色くない時=TB10以下だったら元気だった)
はプロレスごっこをしたりして、2週間過ごしていた。
違う科に移ってからも、自分が読み終わった週プロをたまに持っていったりしていた。
おうちの人は、田舎の人だけどみなとても感じのいい人達で、
とてもその子を愛していた。
たまに遊びに行く学生に、本来はコドモのためであったろうお見舞いのお菓子を
気前よく振舞ってくれていた。

でも熱発が数ヶ月続いて、だんだん元気がなくなっていった。
学生の自分は、その辛そうな様子を見ることが耐えられなくて、
だんだん足が遠のいていった。
そのうち、教授が移植のムンテラをしたとその時回っている学生に聞いた。
掛かるであろう費用、行くまでの手順、医療スタッフは自腹で付き添うこと・・・。

10年以上前の話だから、まだ海外での移植も珍しくて、
募金を募ればかなり集まることが予想された。
少しして、移植の話をお父さんが断ったことを知った。

「先生のお話は大変ありがたいです。でも、自分の子供を助けるために
他所様のお金を頂く訳にはいきません。」

そう教授に言ったと、後から聞いた。
移植の募金の話を見聞きするたびに、あのコドモのことを思い出す。
posted by ニート at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | テキスト>感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。